いびきがうるさいといわれた時、ツボを刺激すると治すことができるかもしれません。鼻詰まりの改善ができる部分を刺激すると、改善できる可能性があります。のどの通りをよくするための部分を刺激するのも効果的です。

迎香を押すことで鼻詰まりを改善できる

夫婦などなら一緒に寝ることがあります。二人とも静かに寝返りなども打たずに寝ていれば、快適に眠ることができるでしょう。しかしさすがに寝ている間に何もない状態にはなりません。ただ、いびきに関しては決して出るのが普通ではありません。体に異常があるサインでもあるので、治す努力が必要になります。そこでツボ押しで改善できる方法を考えてみましょう。迎香を押すことで改善できる場合があります。ここを押すと、鼻詰まりを改善することができるようになります。鼻が詰まっていると鼻呼吸ができなくなります。すると口呼吸を誘発してしまいます。鼻詰まりが改善できれば、鼻呼吸ができるので、症状も抑えられます。

人迎は首の周りをすっきりさせることが可能

いびきが多い人の傾向として、肥満気味の人が挙げられます。なぜ肥満だと出やすいかですが、肥満の人は体全体に脂肪がたくさんついています。普通に生活する分には問題がないですが、寝ているときは意識的なことができません。そのため、首の周りが狭くなっても、呼吸がしにくい状態になります。強く息を吸い込む必要が出てきて、大きな音を出すようになります。そこで治すためには、人迎と呼ばれるツボを押すようにしてみましょうこちらは、のどぼとけ付近に左右にある部分になります。強く押すのではなく、左右にさする程度に刺激します。余分な脂肪を落とす効果があり、息がしやすくなります。

天突はのどの通りをよくしてくれる

呼吸は意識をして行うことはありません。自然に行います。寝ているときも同様です。ただ、寝ているときは筋肉などが弛緩するので、起きているときとは空気の流れが変わります。のどが詰まった状態になると、いびきの原因になってしまいます。そこで、天突と呼ばれるツボを刺激します。子ど仏からずっと下に鎖骨まで下りてきたあたりになります。この部分尾いいところは即効性があるところです。ですから、寝る前に刺激することで、その晩に寝る時にのどの通りが良くなる場合があります。いつもうるさいと指摘されているなら、寝る前にこの部分を少し刺激してから寝てみましょう。効果が出るかもしれません。

まとめ

いびきをかくのは理由があり、かくのが当たり前ではありません。治す方法はいくつかありますが、ツボを刺激する方法が知られています。迎香や人迎は定番として知られていて、鼻詰まりを改善したり、のどの違和感を消してくれます。