いびきや歯ぎしりをすることで、寝ている家族に迷惑がかかるケースも少なくありません。また、旅行に出かける場合には、家族以外にも恋人や友人、仕事仲間などさまざまな方と共に行動することもあるでしょう。そのような場合にいびきや歯ぎしりをできるだけなくしたいという場合には、いろいろと対策をすることが必要です。

いびきをかいてしまう原因をチェックする

いびきがうるさいと家族などから指摘される場合には、原因をチェックしておくことも大切です。基本的にストレスや疲労が溜まっている状態で睡眠を取ることで、いびきをかきやすい傾向があります。多くの酸素を必要とした場合には、口呼吸のほうがより空気をとりこむことができるため、ストレスや疲労の度合いによっては、睡眠時に口呼吸になる傾向があります。また、気道が狭い状態になることでいびきをかきやすくなるため、自分の頭に対して枕が合っていない、高さが合っていないため、寝ている時の気道が狭まるということもあります。いびきをなくしたい場合には、さまざまな原因があるため自分なりにチェックしてみることが大切です。

歯ぎしりの原因も疲れやストレス

普段、生活が忙しい場合や不安を抱えている方は、寝ている時に歯ぎしりをする傾向があります。基本的に日頃からストレスを感じやすいという場合には、精神面が不安定な状態が続くため、睡眠不足や体調不良の原因になります。また、性格的に警戒心が強いという場合も寝ている時に歯ぎしりする傾向があるため、歯ぎしりをなくしたい場合には自分の生活状況で精神面が不安定になりやすい生活をしていないか、チェックすることも大切です。基本的に生活習慣が乱れている状態や仕事や私生活があわただしい、気持ちの切り替えをするのが苦手という方は、ストレスが溜まりやすい傾向にあります。

対策をしていくことで改善をしてみる

疲労、ストレスを溜め込むことは体にとってあまりいい影響を与えません。また、いびきや歯ぎしりの原因につながるため、生活状況をチェックして疲労やストレスが溜まらないように生活状況を改善していくことが必要です。気分転換をしてみることや休息をしっかりと取るなど自分でできる範囲でストレスの軽減をしていくことや疲労を取り除くために行動することが大切です。また、いびきの場合では、横向きに寝ることや枕を自分の頭に合う商品にかえてみることで対策をしてみましょう。歯ぎしりに関してはマウスピースを歯科で作ってもらうか、市販されている歯ぎしり対策用グッズで対策をしてみましょう。

まとめ

いびきや歯ぎしりの原因を知ることで、自分の生活状況を見直し、改善していくことやできる範囲で対策をしていきましょう。市販グッズなどを利用して状態が改善されるように自分の生活の中に取り入れていくことが大切です。