小顔になりたい!という人は今や男女問わず多いですよね。
小顔になるとスラッとした印象を与えますし、憧れの8頭身に!という気持ちはとてもよくわかります。

でもちょっと待ってください。

実は小顔がいびきの原因になることがあるのです。

しかしそのいびきも、自宅で簡単に「ちょっとした事」をするだけで、いびきを改善する事ができるのです。

そんな小顔の落とし穴、小顔が原因で起こるいびきについてお伝えします。

 

小顔(顎が小さい)が原因で起こるいびきとは

小顔といびき

一般にいびきの原因として思いつくのは「肥満」「加齢」「鼻炎」などがあると思います。しかし、いびきで悩んでいる人の中には若くてスラッとした方もいるのです。

 

基本的ないびきのメカニズム

そもそもいびきとはどのようにして起こるのでしょうか。一言でいびきの原因を表すと、「気道が狭くなっている」ということになります。

気道とは鼻腔、口腔、喉(のど)などを含めた、呼吸時の空気の通り道のことです。呼吸の時に気道を空気が通ります。気道が狭いと気道内の粘膜が振動し、いびきが発生します。

 

小顔の人はいびきをかきやすい

では、なぜ小顔だと気道が狭くなりやすいのでしょうか。
それは、気道のスペースがそもそも狭いからです。

小顔の人は必然的に顎も小さくなりますので、口の中で舌が収まっているスペースが同時に狭くなってしまいます。

ですので、舌が常に喉の方にはみ出し気味の状態でいるわけです。

仮に寝る姿勢が仰向け寝だった場合は舌がさらにのどの方に落ち込んでしまい、それだけですでにいびきを掻きやすい状態になってしまいます。

それに加えて、仮に少し体重が増えただけでもより気道が狭くなってしまうため、いっそういびきのリスクが高まります。

 

いびきをかくことのリスク

いびきのリスク

いびきをかくということは気道が狭くなっているということなので、睡眠時に取り込む空気の量も少なくなります。

そうなると呼吸の効率が悪くなり、長い時間寝てもあまりすっきりしません。

身体も何となくだるいままで、疲れも取れにくくなります。

これが進むと舌が気道を完全に塞いでしまい、呼吸が一時的に止まります。

睡眠時無呼吸症候群と言われる症状です。

一時的とはいえ自分の知らない間に呼吸が止まっていると考えると、非常に怖いですね。

この状態が続けば、頭が冴えず集中力が下がったり、日中に居眠りをしてしまったりと、生活に支障が出てきてしまいます。

特に運転をする人は、運転中に眠くなってしまうと事故の原因にもなりますので、取り返しのつかないことになってしまう可能性もあるのです。

 

小顔(顎が小さい)が原因で起こるいびきを治す方法とは

小顔のいびき 原因と対策

ここまで小顔の人はいびきをかきやすいということについてお伝えしてきましたが、ここからはその治療法についてのお話になります。

 

顎を鍛える

小顔が原因で起きるいびきは、顎が小さいことから気道が狭くなるためでした。

では、顎が小さいのはなぜなのでしょうか。

それには食生活が少なからず関係しています。

現代の食品は柔らかい物が多く、あまりよく噛まなくても飲み込むことができてしまいます。

しかもスイーツ類をはじめとして、一般に人気の食べ物には柔らかいものが多いので、ついつい手が出てしまうことも少なくありませんよね。

しかしこれではあまり顎が発達しません。

固いものを意識して食べる、もしくはそこまで固いものでなくともよく噛んで食べる。

こうした「顎を使う意識」というものが非常に大切です。

習慣化すれば意識しなくてもよく噛んで食べるようになりますが、それまではしっかりと意識して顎を使うようにしましょう。

 

仰向け寝を避ける

小顔の人は舌を収めるスペースが狭いため、舌が喉の方にはみ出し気味になっています。

そして仰向け寝の状態では舌より喉の方が下になるため、重力で舌が自然と喉の方に下がってきてしまいます。

顎や舌の筋肉が鍛えられていれば重力に逆らうこともできるかもしれませんが、そこまで鍛えるのにどのくらいかかるかもはっきりしません。

ですので、仰向けの姿勢自体を避けて横向きで寝ましょう。

これだけで効果がある人も多いですが、中には寝ている間に仰向けになってしまう人もいると思います。

そういう人は背中に枕を入れて寝てみましょう。

それでもダメな人はタオルなどを詰めたリュックを背負って寝るという手もあります。

見た目が少し変なので気持ちが落ち着かないかもしれませんが、寝ているときは一人か身近な関係の人しかおりませんので、やってみて損はないと思いますよ。

 

マウスピースを使う

いびき治療用のマウスピースを使うと、顎が前に出た状態で固定されますので、その後ろののどの空間が広くなります。
そのためいびきはほぼ確実に減ります。

既製品なら1000円しないものもありますが、歯科などで自分の形に合わせて作った方が効果は期待できます。

ただ、値段が高く、高級品は100000円以上します。

一般的な硬質プラスチック樹脂のものでも20000円~30000円です。

ただし、睡眠時無呼吸症候群の診断を受けた方は、作成する歯科医に診療情報提供書(紹介状)を持参すれば保険適用となりますので、10000円くらいになります。

作成後、使用時の違和感に慣れるまでは、睡眠中無意識に外してしまうこともあると思います。

しかし毎晩装着して寝ればいずれは慣れると思いますので、数回であきらめずにコツコツと使い続けてみてください。