私たちの生活に絶対欠かすことのできない睡眠。

 その睡眠に関する悩みのひとつに「いびき」があり、いびきで悩んでいる方はとてもたくさんいるのです。

 今回はその悩めるいびきのうち、アルコールと睡眠薬などの薬剤を原因とするいびきについてお伝えいたします!

 

アルコールや睡眠薬が原因で起こるいびきとは

アルコールといびきの関係

いびきの原因はひとつではありませんが、いびきが起こるメカニズムは概ね同じです。

まずはいびきがどのようにして起こるか解説します。

 

いびきはどうやって起こる?

実際にいびきをかく時の状態とは、原因が何であれ「上気道(咽頭や鼻の穴などの空気の通り道)が狭くなっている」という状態です。

 呼吸の時、空気は上気道を通ります。

 上気道が狭くなっていると、空気が通るときに粘膜が振動して、その振動音や抵抗音がいびきとなるのです。

 

アルコールが原因で起こるいびき

いびきの原因

今日も一日仕事を頑張って家に帰り、風呂に入って寝る前にさあ一杯!

 いわゆる「晩酌」を楽しみにしている人はたくさんいらっしゃいますよね。

 しかし、残念なことにこれが睡眠時のいびきの原因になっていることがあるのです。

 お酒を飲んで気持ちよくなってくると、大体の人は脱力し、フニャフニャした感じになってきます。

 あまり「飲めば飲むほど緊張感が増す」という人には会ったことがありませんよね?

 アルコールには筋肉の弛緩作用、つまり筋肉をユルユルにする働きがあります。

 この働きは咽頭や舌の筋肉も例外ではありませんので、それらの筋肉が緩んでしまった結果舌がのどの方に落ち込んでしまい、上気道が狭くなって、いびきをかくのです。

 またアルコールをのむと血流がよくなります。

 悪いことではないように聞こえますが、鼻に関して言えば血流が増すことで鼻の粘膜が厚くなります。

 そうすると鼻腔が狭くなるため、口呼吸になってしまうのです。

 さらにアルコールを飲むとトイレに行く回数が増えます。

 多量の水分を排出した結果体内は水分不足となります。

 そうすると鼻の粘膜が乾燥し、鼻汁が固まって鼻腔を狭くします。

 水分を多量に排出しなくても、体内の水分量が増えれば鼻の血管が膨張し、むくんだような状態になります。

 むくんだ粘膜は鼻腔を狭くしてしまうのです。

 このようにアルコールは色々な形でいびきの原因となるのです。

 

薬剤が原因で起こるいびき

睡眠薬といびきの関係

飲んでいる薬が原因でいびきをかく、ということもあります。

 基本的ないびきのメカニズムは「上気道が狭くなる」ことなので、薬が原因で上気道の閉塞が起こる、つまり「飲んでいる薬の筋弛緩作用により咽頭や舌の筋肉が緩み、上気道が狭くなる」ということです。

 なので、一般的にいびきを引き起こす薬剤というと、筋肉を緩める働きがある睡眠薬や精神安定剤が中心です。

 また、薬剤によるいびきで怖いパターンとして、次のようなものがあります。

 他の原因で睡眠時無呼吸症候群などの疾患があったとします。

 しかしながら寝ている最中の話なので、なかなか自分では気づきにくいものです。

 そして「最近ぐっすり眠れないから」と睡眠薬を飲んでしまい、状況をさらに悪化させてしまうのです。

 「ぐっすり眠れない」という人は耳鼻科や呼吸器内科などを受診し、お医者さんに相談しましょう。

 

アルコールや睡眠薬で起こるいびきを治す方法とは

いびきを治す方法

いびきを治す方法は色々とありますが、今回のお話の中心であるアルコールと薬剤に対しては「摂取(服用)を避ける」ということが挙げられます。

 しかし、お薬に関して言えば、病気の治療のためにお医者さんから処方されているものなので、自分勝手に服用を中止してしまうのはよくありません。

 必ずお医者さんに相談してください。

 アルコールに関しても、好きな人にはとても耐えられませんよね。

 「唯一の楽しみ」という人もいるかもしれません。

 なかなかやめにくいものだろうとは思いますが、あなたの身体のためでもありますので、少しだけ我慢してみてください。

 

いびきの原因と治す方法:おまけ

いびきの改善方法

今回いびきについてお話させていただきましたが、実は私もいびきについて悩んだ一人です。

 私の場合は家族から指摘されて呼吸器内科を受診し、睡眠時無呼吸症候群と診断されました。

 そしてマウスピースを処方され、近くの歯科医で作成しました。

 形としてはアゴが前に出るような形で歯で噛みこんで固定する、簡単に言えば無理矢理しゃくれさせた形で固定するものです。

 そうすると気道が広がるうえ、舌も落ち込みにくくなるんですね。

 今も毎晩装着していますが、たまに忘れると家族に「昨日マウスピース忘れたでしょ」と指摘されます。

 それくらい違うもののようです。

 自分は寝ているのでいびきの違いは正直よくわからないのですが、翌朝の眼覚めで睡眠自体は深くなったと感じます。

 先に紹介したものより手間もお金もかかりますが、そんな方法もあります。

 最後まで読んでいただいてありがとうございました!