自身はそう気にならなくても、一緒に住んでいる人にとっては重要な問題となるのがいびきです。場合によっては寝不足から家庭の雰囲気が悪化してしまうことも少なくありません。そのためまずは自宅にいながら改善できる方法について知っておくと良いでしょう。

まずいびきのメカニズムについて知っておく

いびきの改善を行うなら、まずはメカニズムについて知っておかねばなりません。いびきの原因は空気の通り道である上気道が何らかの要因で狭くなり、寝息が通る際に粘膜が大きく振動することでいびきとなります。この狭くなる理由は様々ですが、仰向けで寝ることで舌の付け根が上気道を狭めてしまったりすることが挙げられます。また泥酔状態や疲れ切っている状態の場合、体がリラックスしすぎていびきが大きくなってしまうこともあります。特に寝ている時に鼻呼吸でなく口呼吸を行う人は、舌が上気道を塞いでしまいやすく、いびき以外にも様々なリスクが存在します。

自宅にいながら対策を行うためには

自宅にいながら対策を行う方法として、大きく分けて寝具を変えることと生活習慣を変える方法の2つが挙げられます。まず寝具を変えることですが、高い枕を利用して仰向けに寝ている場合、顎を引いて寝ることになるため上気道が狭くなりがちです。そのため低反発枕を利用したり、横向きで寝ることで防ぐことができる場合があります。次に生活習慣を変える方法ですが、肥満や喫煙、飲酒などが慢性的な上気道を狭める要因となることが多々あります。そのため肥満の解消を行ったり、喫煙や飲酒を止めることで、劇的に改善されることもあります。

自宅で対策を行う際に注意したいポイント

自宅で対策を行う際に注意したいポイントとして挙げられるのが、適切な対策が行われているかという点です。例えば生活習慣の乱れが原因となる場合、いくら枕の高さを低くしたり、寝具を変えても効果が得られることはあまりありません。また肥満の解消に無理なダイエットを行っても、改善されるどころか体調自体が悪くなってしまい、結果的に悪化してしまうことも少なくありません。まずは自身の原因がどういったものなのかを分析し、適切な対策を行うことが重要です。特に寝具を変える際に高額な費用が必要となることもあるため、しっかり確認しておくと良いでしょう。

まとめ

このようにいびきの改善を行う際に、知っておきたい方法や注意しておかねばならないポイントは数多く存在します。家族や同居人の睡眠を妨害せず、自身が快適な睡眠を行うためにも、それぞれのポイントについてしっかり押さえておくことをお勧めします。