家族のいびきトラブルを、もっとも確認しやすい環境にいるのが「家族」です。普段から一緒に眠っていれば、その人が抱える問題を素早く発見することができるでしょう。もしもトラブルを発見したら、具体的にどのような行動を起こすべきなのでしょうか。詳しく紹介します。

黙っているよりも指摘した方が優しい

いびきのトラブルは、非常にデリケートなものです。「指摘をすることで、相手を傷つけてしまったら」と悩む方も少なくありません。しかしこれは、症状によっては相手の健康状態にもかかわる、重大な問題です。また、家族が指摘しなければ、いつか誰かに迷惑をかけ、外で恥ずかしい経験をすることになるのかもしれません。黙って我慢するのではなく、まずは「きちんと指摘する」ということが優しさのポイントだと言えます。もちろんただ責めるだけではいけません。なにがいびきの原因となっているのか、家族で冷静に確認してみると良いでしょう。

原因別の対処ができるよう、サポートする

いびきをかいてしまう原因は、実にさまざまです。一般的に多いのは、飲酒やストレスによるもの。また肥満がアレルギー体質が原因になっているケースもあります。「もしかしてこれかも」と感じる節があるなら、一つ一つ改善していきましょう。お酒が多い場合には、少し減らして様子を見る、ストレスか溜まっているなら解消を試みるなど、家族のサポートがあれば頑張れることも多いはずです。また、鼻呼吸を助けてくれるような便利グッズいびき解消のためのサプリメントを取り入れてみるのもオススメです。家族の応援が、きっとモチベーションにもつながります。

症状がひどい場合には、記録をとって受診を

こうした努力をしても全く症状が改善できない場合や、我慢できないほどひどい場合には、家族が協力して専門医を受診することが望ましいです。いびきの裏には大きな病気が隠れているかもしれません。命の危機を迎えないためにも、専門医のもとできちんとした原因を探っていきましょう。家族にできることは、まずいびきの記録をとることです。もしいびきが原因で無呼吸になっているときがあるなら、その回数や長さについても記録しておきます。もし本人に危機感がないなら、積極的に病院を調べたり予約確認をしたりすることも、家族のサポートとなります。

まとめ

症状に気付いて、確認してくれる家族がいるということは、とても心強いことです。「単なるいびきだから」と放置するのはオススメできません。もし今家族のいびきで悩んでいるなら、「今が改善するチャンス」だと考え直してみてくださいね。