就寝時、人は誰でも無防備なのでいびきに関しては自分で気づかない事もあるため問題を抱えている人も少なくありません。そもそもいびきとは睡眠中の雑音の事を指します。よく年齢と共にいびきをかきやすくなると聞きますが、それは事実で年齢別に統計をとると20代と50代では倍以上に増えているという結果が出ています。

まだ若い時期からいびきをかくようになったのは何故

若い頃は気にならなかったのに社会人になり、30代頃になると発症するようなった人も増えています。まだ若い年齢ですが、この時期での原因となっているのが舌の長さや厚さといった体の作りから、枕の高さや寝相、そして喫煙や飲酒などから起こる生活習慣などの要因が考えられています。枕の高さが重要なのは良く知られていますよね。高すぎたり低すぎたりすると気道を圧迫するので口呼吸になって結果いびきと繋がりやすくなります。そして社会人としてノリに乗っている時期、大事な接待や飲み会も多くあるため飲酒や喫煙の機械が多くなりいびきを発症しやすくなるのも頷けます。先の未来まで影響するため、生活習慣を見直しましょう。

年と共にいびきをかきやすくなる原因とは

そもそもいびきは中高年に多く見られる症状なのですが、大きな原因と考えられるのは舌の筋力が衰えてきた事だと考えられています。舌が喉に詰まるといびきを発症しやすくなるのは理解しやすいですよね。そして、ストレスを抱えやすいのもこの年齢。ストレスを抱えやすいのもこの年齢。ストレスとの関係性はとても高くメンタル面が大きく左右されるとも言われています。中高年の方は特に運動する機会も減るので中年太りをしやすいと言われますが、肥満も勿論関係していますので食生活にはより気を付けなければなりません。また睡眠時間にも問題があり、年齢と共に減少していく事が快適な睡眠をとれないために引き起こしているとも言われています。無呼吸症候群になってしまうと、突然死にも繋がりますので、医療機関での相談をしましょう。

男性と女性でも発症の原因が違います

若い女性は特に無関係にも思えますが、実はストレスやホルモンなどから発症する事が分かっています。舌の厚さや寝相は勿論関係がありますが、女性の体はとてもデリケートで、女性ホルモンの乱れが起こる場合には発症しやすくなります。そしてダイエットや美容に関してとても敏感になっている現代の女性は小顔に憧れますよね。けれど、小顔が故にあごが小さいので舌の付け根が奥に入りやすく物理的な要因にもなっています。無理なダイエットや美容は控えるようにしましょう。対照的なのは、美容を気にしない女性。肥満は性別問わず発症しやすくなります。男性に比べて女性は脂肪を溜め込みやすい生き物なので、食生活や運動不足にならないように普段から気を付けましょう。

まとめ

年齢別により、いびきの発症原因はあります。若い時期では生活習慣の乱れが原因になりますし、年齢を重ねていくと舌の筋力が衰えて発症しやすくなります。また男性と女性でも違いがあり、女性はホルモンの影響により発症しやすくなるのでストレスを抱え込まず規則正しい生活を送るようにしましょう。