子供の頃には、いびきをかくことなどなかったと言われる人でも、大人になってからは頻繁にかくようになったと言う人、多いのではないでしょうか。そんな煩いいびきをなくすことは、出来ないのでしょうか。対策を考えてみました。

加齢と肥満によっていびきをかくようになる

子供の頃、いびきをかく時は余程の疲れを感じた時くらいと言う人でも、加齢によって大人になった頃では普通にかくようになってしまった人も多くみられます。更には、もっと歳を取ることで多くの人が、いびきをかくようになってしまうと言われます。その原因の多くは、肥満と言われますが、筋肉の緩み・弛みによっておこされると言っても良いでしょう。舌を支える筋肉であり、喉周辺にある筋肉が弱ることで、気道を狭くしてしまうことから、起こるものと知っておくべきです。そのため仰向けで寝ると酷くなり、横を向いて寝ることで、収まると言った現象も起こることになります。

女性も加齢によっておこる現象です

女性は、いびきをかかないと考えているのであれば、それは間違いです。但し、若い人に少ないことも事実ですが、女性ホルモンが少なくなることで、かくことになってしまう恐れが大きくなって来ます。上気道を支える筋肉の働きに女性ホルモンが、大きな影響を与えることになるからです。加齢によって更年期を迎えた頃には、ホルモンの分泌量が急速に少なくなります。それが原因となり、筋肉の働きが弱くなってしまい、いびきをかくことになってしまいます。この現象も、加齢と言うことが大きな理由になっていることから、年齢を重ねることに対し、十分な注意が必要になって来るのでしょう。

加齢による身体の変化にも注意が必要

人の身体は、加齢になることで、若い時は違う現象が起きて来ます。その原因となるのが、睡眠状態が浅くなってしまい、更には睡眠時間も短くなると言ったことが起きます。運動量が少なくなることや、加齢による体内の変化によって、睡眠の質を悪くしてしまうことが多くなります。身体自体が衰えることで、筋肉の力もなくなり、いびきをかく原因にもなってしまうと考えられています。そのため、いびきを軽減する方法として、寝る時の姿勢を考えるとか、生活習慣を治すことで余分な負担のない身体にするような、健康な身体作りをすると言った方法が良いとされています。

まとめ

加齢によって、身体自体が弱くなって来ることは、仕方のないことです。ですが放っておくことで、更に悪い方へ向いてしまいますので、健康な身体作りに励むことも、いびき解消方法になって来ます。無理なく筋肉を鍛えるようにするべきでしょう。