季節により気温や湿度の変化もある日本では、空気の乾きに体調も左右されやすい傾向にあります。時期により寒暖の差が激しいことがありますし、のどの乾燥もいびきの原因の一つです。睡眠を妨げるほどの症状が出てしまうと、本人も大変ですが周囲の家族も関わることになるので、前向きな改善は必要になります。

いびきの原因の一つはのどが乾燥をすること

のどの乾燥もいびきの原因になるため、日ごろからのうるおい対策が必要です。乾いた状態になるとイガイガ感を感じますし、席が増えたり異物感を感じたり、痛みや口臭に咳や淡など、あらゆる不調を感じやすくなります。のどの粘膜部分が乾くことで、免疫機能は下がるため、うるおいがある状態の時とは異なり、外部から入り込む細菌に感染しやすい状態です。軽度の乾いた状態の克服であれば、水を用意しておいて、乾きに応じて水分を補給する対策で症状は軽減をします。乾いた症状を軽視できないのは、進行をすると治療が必要になるためです。口腔内が乾いた状態は全身の水分量も減っているサインなので、こまめに水分補給をしてうるおいを満たします。

いびきの原因にもなるいびきはなぜ起こるのか

秋から冬にかけては空気が乾きやすく、外の温度も下がることから空気も乾くので、季節的な空気の乾きは大きな要因です。季節的なことだけではなく、室内でフル稼働をするエアコンや、扇風機の風なども空気を乾かすことになります。鼻が詰まりやすい人や、出っ歯などの歯並びが問題の場合、常に口を開けて口呼吸をするため、口腔内は乾きやすいです。ストレスやエイジングによる免疫力の低下、自律神経失調症や高血圧など、体調の不調でも乾きやすくなります。口呼吸が日常的になると、常に口腔内は乾いた状態になるので、いびきの症状も悪化しやすいです。

季節の温度や空気の乾きによっても症状は違う

季節によっても症状は違うのは、気温の違いや空気の乾燥の違いがあるためです。のどの乾燥によるいびき対策として、空気の乾きが激しい秋から冬のシーズンは、加湿器を置くと室内の乾燥を防ぐことができます。外出をするときにはマスクをするようにして、1日を通してこまめな水分補給をすることです。飴をなめるのも良い方法であり、飴をなめることで唾液の分泌が多くなります。水分補給に関してのどの温度を保ちやすいのは、冷たい飲み物よりも温かい飲み物です。加湿器がない時にはタオルを用意して、濡れたタオルを室内に干すこともできます。

まとめ

のどの乾燥もいびきの原因になるため、空気とのどのうるおい対策をします。室内の空気の乾きを予防するためには、加湿器を置いたり、濡れたタオルを干すのも良い方法です。外出の時にはマスクをつけて、1日を通して水分補給をこまめにするようにします。